外資系転職の魅力

高給を目指すなら外資系一択

転職先として外資系を選ぶ場合、必ず魅力の一つとして挙げられるのが給与に関する部分です。外資系転職における給与の水準は大抵の場合で国内よりも高額で設定されています。その理由は国内企業の場合であればまず確実に最初の仕事は転職であれ新人としての実力を見るために数ヶ月程度の研修を必ず設けるのに対して外資系はそうした研修期間が存在しないことにあります。また本人の適性を見るために時間をかけたりすることがないため、本人の望む実力を発揮しやすい部署に配置してすぐに働いてもらうことが重要となります。

実力主義故の厳しさもありますが報酬は成果に応じて青天井で増えるのが普通であり、またあくまで個人としての能力を求められるため、仕事ができるからといって他人のしりぬぐいばかりで貢献しても給料が増えずチーム単位でしか評価されないなどの日本企業にありがちな問題点はありません。あくまで個人としての貢献度を評価されるため、自分の能力を最大限に発揮できます。加えて外資系ならではの業務の幅広さもあり、いままで生かせなかった能力を生かす機会にも恵まれやすいです。

日本だと総合的な能力を評価される機会が多いですが、外資では専門性がメインとなるため、どちらかというとある程度能力を極めた方の方が給与増は目指しやすいと言えます。

やりがいを見出しやすい転職先

やりがいはどのような業種のどのような会社にもあると言われていますが、外資系の場合にはやりがいがある仕事ほど高い給与が得られやすいというメリットがあります。日本企業の場合はやりがいがあると言われている職種ほど逆に大変で、労働時間も長めであることが多いです。また給与が良いかというと逆に低めになっていることが多く、一般的にはやりがいを感じられるということはあまりメリットとして扱われてはいません。 仕事を継続するために動機づけとしてやりがいはとても重要になります。給与が多いか少ないかということにも直結しますし、またやりがいの有無によってストレスが増えるか減るかという変化もあります。 やりがいのある職場に共通するのがチームとしての動き方です。チームワークが良くなるのが大半であるため、仲間同士でお互いをサポートフォローし合うことにより互いが得をして給与が上がりやすくなります。部署としても利益を上げる部門になったり、会社内での評価が高くなったりとメリットが目白押しです。重要なことは利益を増やすことであり、それが報酬へと繁栄されるのが外資系です。やりがいがそのための手段として役立つため、日本企業に比べてもやりがいが得られやすくそして報酬も増やしやすいというのが大きなメリットになります。